妊娠線を消す方法やクリームを実際に使った口コミ-妊娠線を消す案内人

妊娠してないのに妊娠線ができる原因!お尻や太ももにできた線のケア

妊娠していなくても妊娠線はできる

 

妊娠をしてないのに妊娠線ができてしまったなんてことはありませんか?

 

妊娠線は別名で肉割れやストレッチマークと呼ばれる症状で、女性だけでなく男性でも発症をする症状です。
妊娠線ができる根本的な原因は皮膚を構成している細胞である真皮のコラーゲン繊維が切れてしまうことです。

 

そのため、妊娠をしているかが原因ではないのですね。

 

妊娠をしていない人で発症をすることが多い部位がお尻や太ももなどの部位です。
他にも背中・膝裏・お腹なぜ全身にわたって白い線や赤い線ができてしまうことがあります。

 

この妊娠線を消すのであれば、まずは原因を正しく理解をすることが必要です。
ここでは妊娠していない人で白い線や赤い線ができた人向けに原因から消す方法について解説をしていきます。

 

できてしまった線を消したいって人はご覧ください。

 

 

妊娠してないのに妊娠線ができる4つの原因

妊娠してないのに妊娠線ができる原因

 

妊娠してないのにも関わらず妊娠線ができる原因は乾燥や体系が急激に変化をした人です。

 

  1. 太って脂肪が付いた
  2. 運動や筋トレで筋肉が付いた
  3. 痩せているけど肌が乾燥をしている
  4. 成長期の中学生や高校生

 

脂肪や筋肉が付くことによって、からだのサイズは一回り大きくなります。
しかし、皮膚の中にある真皮やコラーゲン繊維などの細胞は成長をするのが遅いです。

 

そのため、内側の皮膚が切れてしまうことで妊娠線ができてしまいます。

 

妊娠線と肉割れの違い!妊娠線と呼ばれる理由

 

もともと妊娠線は肉割れなど様々な名称があります。
ただ、根本的な原因は上記で説明したように皮膚の断裂ですが、その要因は異なってきます。

 

主に太ったり痩せたり筋肉が付いて体系が変化をした時に呼ばれる名称が「肉割れ」
妊娠をして赤ちゃんがお腹の中で成長したのが原因となったら「妊娠線」

 

そのため、肉割れも妊娠線も呼び方は異なるものの、根本的な原因に変わりはありません。
だから妊娠をしていなくても赤い線や白い線がお尻や太ももなど全身にできる可能性があります。

 

妊娠線は赤い線から白い線へと変化をしていく

 

妊娠線は人によって赤い線の時もあれば白い線の時もあります。

 

皮膚が断裂をするとその周辺は炎症をしてしまいます。そのため、初期症状として赤くなるので赤い線ができたように見えるのですね。

 

だんだんと炎症が治まると白い色に変化をしていきます。

 

どちらの妊娠線でも言えることですが、一度できてしまったのであれば、その付近や別の部位で発症をする可能性があります。

 

一部分だけ太ったり筋肉が付くこともめずらしいので、ひどい症状へと悪化をしてしまう可能性があるのですね。

 

そのため、できるだけ早くケアをするのがおすすめです。

 

妊娠してないのに出来た妊娠線のケア

妊娠してない人の妊娠線を消す方法

 

妊娠してないにの妊娠線ができた人は消すのであれば、自宅でのケアがあります。

 

肉割れや妊娠線を消したい人向けにアフターケアクリームが販売されています。予防向けのクリームや薬局やドラッグストアの保湿目的のボディクリームではなく、アフターケア用のが通販で販売がされています。

 

また、そのクリームを使ってケアをするだけでなく、原因の改善の部分を見極めるのが大事です。

 

  • あなたが太っているのであれば、これ以上太らないように少しづつ痩せる
  • 筋トレをしたのであれば筋力を増加させるペースをゆるやかにする
  • 痩せていて乾燥をしているのであれば、生活習慣の改善をする

 

原因が当てはまらない人であれば膝裏や背中にできている人が多いです。これはヒールを履いていたり靴の底が固いことで歩き方が不自然となったり、指を上げてしまうことで、他の部位に必要以上に負荷をかけて筋肉が増加をしてしまうからです。

 

妊娠してないのに妊娠線ができた人はまずはアフターケア用のクリームでケアをする。
そして、原因の改善をするようにしましょう。

 

妊娠線クリームの多くが予防したい人向けに開発がされている

 

妊娠線クリームができたからと、安易に評判が良いのや安いのや高いから効果がありそうと選ぶのは、失敗の原因になるので止めた方が良いです。
妊娠線クリームとして販売がされている物の多くは予防向けに作られているのが多いです。

 

実際にネットで評判のを探してみるとわかるのですが、キャンペーンなどが行われていたりするのですが、6ヶ月の利用が必要だったりします。
これは妊娠をした人は中期ぐらいからできる人が多いので、出産から産後まで利用するので、その期間で割引がされていたりするのですね。

 

一方でアフターケアクリームだと2か月や3か月でのキャンペーンが行われてます。
このことからも間違えて予防向けのを利用しないようにしましょう。

 

まとめ

 

妊娠していない人の妊娠線は別名でデブ線や脂肪線とも呼ばれます。
太ることで肉割れができる人が多いのが原因です。

 

そのため、太っていたもしくは以前にデブだったの烙印が押されてしまうので、きちんとケアをするようにするのがおすすめです。
何もケアをしなければひどい症状になることもありますし、長い間、線が入ったままとなってしまいます。

 

そのため、隠せなくて水着を着て海に行けなかったり、好きな洋服を着れないってこともあります。
なにより、異性から悪印象を与えてしまうことにもなります。

 

できるだけ早めにケアをするようにしましょう。

 

本気で消そうと思った人は下記で更に詳しく解説しているのでご覧ください。
>>>妊娠線を消すならクリーム-妊娠線を消す案内人

 

トップへ戻る